文武両道?!エコ中学受験

飛び抜けてはいないけど、中途半端に勉強ができる娘。
しかし、三人兄弟余裕なし!
スポーツ選手クラブに通いながら、文武両道尚且つエコでお受験成功したらラッキー!と甘く考えている超適当母のブログです。

小5志望校判定模試

いつも拝見しているブログを見ていると、関西の中学入試結果の報告が多数。

臨場感溢れる報告に胸が熱くなりドキドキした。


2月1日辺りが近畿圏入試の最終日となるのでしょうか。

特に国立は後半入試のところもあるので、この一ヶ月は気力体力共に消耗する事と思います。

来年はまさに我が家がそうなる。


浜学園は、既に平常授業が始まっています。

日能研はまだのようですね。


公開テストの為に浜学園へ足を運ぶと、入ってすぐに黄色い旗が掲げてあった。

いつもと違う雰囲気に心なしか生徒たちの顔つきも緊張しているように見えた。

もう、入試会場かと思えるほど保護者と生徒でごった返していた。


公開テストが終わったかと思えば次は志望校判定テストが待ち構えている。

正直志望校は深く考えていなかったけれど、合否判定の為に14校ほど記入しなくてはいけない。


もう夢を見て志望校を選んでいられない。

偏差値一覧表を見ながら選んでいく。

「あれ?あそこの中学載ってない!」

恐らく選ぶ生徒が少なく合否を出せないのかなと思います。

または、わざわざ合否出さなくても合格ほぼ間違いない学校なのかもしれない。


これからは大学全入時代が来ると言われているが、私立中学も高望みしなければ入れる所が既に増えて来ているのでしょうか。


我が子が選んだ学校は。

浜の一番下のクラスで受験が多いと聞いた学校を選別した。

例えば帝塚山学院、近大、関大系列、背伸びしまくって同志社香里、などなど。

そもそも私立は考えていなかった。

が、いざ判定テストとなると取り合えず書いておこう!と貧乏根性が出てきましてせっせと選びました。


この志望校判定テスト、中々考えられています。

志望校を入試日が重ならないように選別する必要があるのです。

なぜかというと、実際の入試日程に合わせた母集団の中で順位と合否判定を出す為。


取り合えず色んな私立中学を判定の為に選んだ訳ですが、いずれも現段階では厳しい判定が出ると思います。


だって、浜の最下位クラスと言えどレベルが高いのです。

浜の子供達と我が子を比べて、やいのやいのと言いたくなります。

そんな時にこう考えます。

「小学校ではとてもよく頑張ってる!算数もまさかの高い評価だったし、最低限は出来ている!」と。


2学期の通知簿は全て◎でした。

我が子の普段の真面目さや努力を忘れず、浜には上には上がいる!その子達とはそもそも志望校も違うだろうし、比べない事をモットーに踏ん張りたいと思います。



子が言います。

浜の友達との志望校の話が増えた、と。


「私の志望校はどの辺り?」

子に聞かれました。


私は

「そもそも、中学受験が目的で塾に行かしてるのと違うからな~。

前から言ってるように、小学校以外に学べる学業環境を知って欲しい、中学というより、高校大学就職と繋がる興味を見つける為に勉強してほしいねん。

だから、特に志望校って言われてもな~。

最終的に学力と合った惹かれる学校に出会えたらいいね。

ずっと目指してきた中学一本受験でも良いし、その辺は自分の希望が出てくるんちがうかな。浜の友達からも情報入るやろうし。

公立に行く事にしても、これまでそしてこれからの頑張りは誰にも盗まれへん。自分の頭の中に貯金されていく財産やから、気張らず継続して勉強していき。」


それを聞いていた夫が余計な一言。

「浜言ってて、受験せえへんなんておかしいやろ~。

誰が聞いてもあの子は受験組やなあと思うで~。」


そうでっか!

こうしたらみんなこうする。

そんな固い考えを持つようにはなってほしくないな、自分は自分の道を行く!そんな強い気持ちを持った人になってほしい。