文武両道?!エコ中学受験

飛び抜けてはいないけど、中途半端に勉強ができる娘。
しかし、三人兄弟余裕なし!
スポーツ選手クラブに通いながら、文武両道尚且つエコでお受験成功したらラッキー!と甘く考えている超適当母のブログです。

小5もうすぐ新6年じゃないですか!

急に肌寒くなると同時に気持ちも焦る。

中学受験塾では、2月から新学年になるのが一般的。


も、もう3ヶ月ほどしたら6年生・・・

4年生からあっという間でした。

きっと6年生の一年ももっと早く過ぎ去るのでしょうね。


気持ちばかりが先走る。

日々余裕を持っていたら、こんな焦らなくても良いのかな。


小5と今後について話した。

やはり中学受験はしたい!との事。

6年生はスポーツ選手クラブをお休みして、勉強を頑張ろうかなとも言う。


子供との思いとは反対に、私は中学受験しない塾通いと言う緩い選択で良いのではと考えていた。


高校受験を見据えての勉強という位置づけで。


だって、もともと勉強が好きでは無いし、天才肌、努力家でも無い。

はっきり体育会系と言える。


子供がスポーツをお休みして、勉強と言った時にはぶったまげましたよ。

そんな言葉が出るとは。


その時の私の言葉。

「すごい言葉が出た!でもね~。3才から続けているスポーツを休むって体がおかしくなりそう。

お母さんも最近ダイエットで走っているけど、一日走らないだけで何か気持ち悪い。

お母さんでもそんなんなるのに、大丈夫?

ウーッツ!!って力あふれて爆発してしまうんとちがう?」


小5が一言。

「そやね!そう思う。体も頭も爆発するわ!」


という事で、選手クラブは続ける事に。


中学受験をするなら、勉強一本にしないと厳しすぎるのは十分に分かっている。

うちの子は偏差値も40代ですし、なおさらね。


でも、やっぱりそうは出来ないのです。

何度もここで書いていますが、小5はメンタルが弱く神経質。

唯一、スポーツとその仲間達が心の支えであり、素でいれる場所。


そこを取ることは最適とは言えないのですよね、うちの子の場合。

絶対にチック症が出てくると思います。


同じように体育会系のお子さんが親の意向で中学受験に突っ走りとんでもない事になっている子も見ます。


体育会系の子って、体を動かして発散しないとストレスが倍以上かかってくるのかなと思います。


そんなこんなで、スポーツは継続。

塾は平日通いを減らすか、転塾して心機一転するか、色々と新学年を前に悩み出した。


で、またまた浜学園に駆け込んだ。

続きはまた。