文武両道?!エコ中学受験

飛び抜けてはいないけど、中途半端に勉強ができる娘。
しかし、三人兄弟余裕なし!
スポーツ選手クラブに通いながら、文武両道尚且つエコでお受験成功したらラッキー!と甘く考えている超適当母のブログです。

公立高校からの指定校推薦

我が家の子供達はまだ小学生ですが、大学への進路方法に興味があります。

仕事を始めるようになってから、アルバイト大学生と話す機会が増えました。

リアル大学生のお話、とっても参考になります。


主に関関同立の学生が多いです。


我が家の子供達も国立大学は無理でも、関関同立レベルに合格してくれたらなあと夢見ています。


そんな学生達から聞くと、指定校推薦!なる言葉をよく聞きます。


学生曰く、「大学受験はしていないのと同じなので、とても楽でした。」

との事。


親孝行な学生だな。推薦で決めるなんて!うちの子もそんな道を歩んでくれたらな~。


どんどん質問してしまいました。


「私立高校?公立高校?中学受験したの?」


こんなぐいぐい食い込んでくるおばさんの話にも、きちんと答えてくれて感謝の一言。


学生5人捕まえて色々聞いたところ、中学受験経験者0、中学は公立、高校は偏差値65以上辺りという結果でした。


指定校推薦!

この辺の調査をもっとしてみたいと思います。


公立高校では指定校推薦に積極的ではない所もあると聞いた事があります。

が、リアル大学生に話を聞くと、公立高校からの指定校推薦を得ている方が多い印象を受けました。


偏差値下位の公立高校へ大学推薦狙いで進学して、成績上位をキープ。

関関同立系を狙う方もいると聞きます。


実際に昨年高校受験を終えた方が愚痴っていました。

偏差値でちょうど真ん中辺りの高校を受けた。

模試の結果からも合格確実であった。

なのに不合格。

理由がわかった。

もっと上位校を受けれる生徒たちが、ランクを落として流れてきた。

そのために合格点が上がった。

みんな電車通学を嫌い、自転車通学が可能、そこそこのレベルの高校であるということで、人気が出たそうです。


数年前からその傾向があるのかなと思わされます。

なぜかというと、中堅高校なのに国立大学への進学率がすこぶる上がってきているんですよね。


昔は中堅高校のイメージが強かったのですが、最近は進学校に変わりつつあると言う噂も聞いたりします。


ふと、現役大学生と話していて疑問が湧いた。

「公立高校ってそんな推薦枠あるのかな?私の母校なんて立命館大学1名の推薦枠しかなかったんじゃないかな。そもそも低偏差値高校だったからかもしれないけれど。偏差値65以上の上位高校だと推薦枠かなり多いのかな?」


そこで、学区トップ公立高校を卒業後、浪人して国立大学へ進んだ友達に早速聞いてみた。

「高校トップ校やったよね。推薦枠の事覚えてる?浪人せずに推薦をもらうという選択はなかった?」


友達

「私立大学の推薦?確かにたくさんあった気がする。

けれど、みんな興味無い感じ。

だって国立大学目指す子が多いし、わざわざ推薦枠もらわなくてもその辺なら合格出来る子が多いしな~。魅力は感じなかったな。

中には楽したいと言う子は推薦枠もらうんだろうけど、結構枠が埋まらないと聞いた気がする。

浪人してでも行きたい学部、国立目指すって言う子が多かったよ。」


なるほどな。

一般入試でも合格可能レベルの高校であれば、推薦枠も多いと言うことなんだろうな。


楽観的に推薦枠を狙うというのも現実的では無いですね。

やはり学力が必要。

こつこつ日々積み重ねていきたいです。