文武両道?!エコ中学受験

飛び抜けてはいないけど、中途半端に勉強ができる娘。
しかし、三人兄弟余裕なし!
スポーツ選手クラブに通いながら、文武両道尚且つエコでお受験成功したらラッキー!と甘く考えている超適当母のブログです。

灘高を蹴り東大寺高、そして現役東大へ

姉の周りには優秀な学友が多くいます。

私の周りには無い世界の話を興味深く聞いています。


今回はある男子中学生のお話。

学年で人気スポーツクラブのキャプテン!しかもかっこいい!

もちろん学校ではもてまくり。


そんな彼は卒業までクラブのキャプテンを継続。


しかも、灘高合格!

高校からの灘も相当難しいそうですね。

が、通学が遠いという理由で東大寺高校へ進学。


姉の子供も灘を目指しているので、灘を蹴るなんて私なら許可出来ないわ~。親の寛容さがすごいなあとと言っていました。


そんな東大寺へ進学した彼は現役東大へ合格していったとの事です。

クラブのキャプテンをしながらどうやって勉強していたのだろうか?

見ててなんか感じた?と姉に聞いてみた。


「そらね、時間の使い方が半端なく上手。

 中1から自分で時間の管理が出来る人だったわ~。」


との事でした。


灘中を目指す姉の子供。

そんな姉が、毎度言う言葉。

「灘に受かる子供はキラリと光る何かを持っている。これ本当!

 うちの子はそれが無いから、本人がどこで妥協するかが悩みどころだわ~。」


私はそんなセンスなんて関係ないでしょ?努力で追いつけるよ!と根性論の様な事を言うと鼻で笑われました。


「実際に灘へ合格していった子達と机を共にしたら分かるよ。」

なんて言われました。


灘は別格!!


よく聞きます。確かにセンスも必要かと思いますが、努力で補って合格してほしいなと応援しています。