文武両道?!エコ中学受験

飛び抜けてはいないけど、中途半端に勉強ができる娘。
しかし、三人兄弟余裕なし!
スポーツ選手クラブに通いながら、文武両道尚且つエコでお受験成功したらラッキー!と甘く考えている超適当母のブログです。

週刊朝日全国高校 大学別合格者数

4月14日号です。


中々面白かったです。

今は目先の中学受験の中学校ばかりに目が行き、それに続く高校や大学については全く調べておりませんでした。


合格率の%を出したり、ここの高校からはこの私立大学への合格者数が多いのね、など興味深く読んでいます。


そんな一覧の中に大阪の向陽台高校の卒業生数に驚いた!

2008人!!

何この卒業生数、多すぎない?!と驚いて検索してみたりと知らない事がたくさんありました。


近畿大学附属高校の886人も多いですね。


これくらいの大学には行って欲しいなという願望があるので、そこを目指すなら公立でもここ以上じゃないと厳しいなというのが一覧で分かりました。


公立高校では上位校でないと、現役での国公立大学への進学は厳しそうだなと感じました。


しかし、一覧を見ていて希望ももらいましたよ。

地域での真ん中辺りの公立高校も頑張っている!

阪大、府大、神大へ複数合格しているのを見つけた。

私大(関関同立)への合格者数思ったより多い!


その他にも、中学受験では偏差値も低いし魅力はあまり感じないなと感じた学校の進学実績が意外に良いことを知りました。

逆にこの私立なら良いかもと考えていたところが、えっ?!となったり。


あくまで雑誌独自の調査であるので、この情報をもとに、各学校の発表と照らし合わせてみたいと思います。


「何のために中学受験をするのか」

改めて考えさせられました。