文武両道?!エコ中学受験

飛び抜けてはいないけど、中途半端に勉強ができる娘。
しかし、三人兄弟余裕なし!
スポーツ選手クラブに通いながら、文武両道尚且つエコでお受験成功したらラッキー!と甘く考えている超適当母のブログです。

二分の一成人式

小4の3学期の参観。

二分の一成人式を行う所が多いそうですね。


我が家の小4も先日ありました。


そこで見た我が子の将来の夢の発表。


「私は〇〇〇選手になります!」

キラキラと輝いていました。

一方私は、複雑な気持ちになりました。


その夢に近づけるように、私は最善を尽くしているだろうか。

勉強を捨てて、スポーツに邁進できるように支えるべきではないのだろうかと。


ブログを書き始めた3年生の時点では「我が子はそこそこ頭が良い。」と親バカぶりな思考でした。


しかし、受験勉強を始めてからは、平凡かもしくはそれ以下である事が分かってきた。


このまま中途半端に両方を天秤にかけていても無駄のような気がしてきたのです。


そんな時にスポーツ推薦で高校大学と進学された親子二組に会った。

そのお母さん達のお言葉。


「結果がどうであれ、子供がやりたいと言うことを全力でサポートしてきました。やりたい事、好きな事があればそれだけで良い。

勉強はさっぱりだったよ。

でもね、良いチーム、コーチとの出会いがあり、そこから全て繋がってきた。

たまたま力のあるコーチに出会えて良かった。スポーツで行くなら人脈をしっかり見てね。」


「うちも、子供のやらせたいようにさせてきた。小学校では別のスポーツをしていたけれど芽が出ずに、中学で別の競技に興味を持って方向転換したら才能を発揮したの。高校も推薦で、今年から大学生だけど、もちろん推薦です。」


上記の方達のように、スポーツをしているからと言ってみながみなその道で成功するとは限りません。


お話していて、欲を考えず、子供の気持ちを尊重してサポート出来るって素晴らしいなと感じました。

新5年生からは通塾日数も増え、模擬試験も増えます。

現在塾では後ろから数えた方が早い娘。

テスト結果や塾の懇談会で、今後どうするか相談していきたいと思います。


6年生には受験勉強からの撤退も視野に入れています。