文武両道?!エコ中学受験

飛び抜けてはいないけど、中途半端に勉強ができる娘。
しかし、三人兄弟余裕なし!
スポーツ選手クラブに通いながら、文武両道尚且つエコでお受験成功したらラッキー!と甘く考えている超適当母のブログです。

仲間 友達

テレビで、高学歴女子の大変さや悩みについて取り上げられていた。

出来過ぎる故の悩み。

あえて東大合格出来るのに、他大学を選択した女学生も出ていた。


番組の中で片山さつき議員がコメントをしていた。

女子でも東大を目指すべき!と。


なぜなら、今ある自分は学生時代に出会った人脈のおかげであるからである、良い大学に行くと良い人と出会える、と。


meet the right personという言葉を使われていた。

  

この言葉、とても良いなと思いました。


meet the right person


何も東大に限った事ではないと思うのです。

確かに東大まで行けば想像も付かないような高いコネクションが出来ると思います。


けれど私は、公立私立どんな学校でもあてはまると思うのです。


要するに良き仲間、気が合う仲間との出会い。

これって本当に重要だと思います。


千原兄弟の弟さんが、自身の過去について話されていました。

高校を中退したことについて。


彼は高校から京都の進学校に入学。

そこで違和感を感じ不登校気味になりひきこもるようになる。

その理由は、「友達が出来なかった。」との事でした。

「だって、おかしいんですよ。休み時間にどこどこの塾が良いよとかそんな話ばっかでしたもん。」とおっしゃっていました。


進学校なら何も不思議ではない光景、でも彼には理解出来なかったんですよね。そんな空気が当たり前の生徒も居れば、彼のように違和感を感じる生徒もいる。

彼もそんな校風の中で、一人でも良い仲間と出会えていたら学生生活が変わっていたのかしらと考えてしまいます。


我が子も新一年生の一年間は学校を行きしぶりました。

毎朝行きたくないと泣く。

帰宅後も学校に行きたくないと泣く。

当時、原因も分からず悩みました。 


しかし、2年生になり原因が分かりました。

一年生の時には気が合う友達が一人もいなかったのです。

休み時間も一人、一緒に帰る友達もいない、どう友達を作ったら良いのか分からない、そんな状態だったようです。


2年生になり、気が合う仲間と出会え、子供は一度も学校に行きたくないとは言わなくなりました。

まさに、meet the right personのおかげです。


受験シーズン真っ只中でありますが、皆様が新しい環境でmeet the right person、素敵な新しい出会いに巡り会えますように。