文武両道?!エコ中学受験

飛び抜けてはいないけど、中途半端に勉強ができる娘。
しかし、三人兄弟余裕なし!
スポーツ選手クラブに通いながら、文武両道尚且つエコでお受験成功したらラッキー!と甘く考えている超適当母のブログです。

高専に行きたいらしい小2

テレビで高専生徒達のロボット大会が放送されていました。


テレビにくぎ付けになっているうちの小2。

「こんなん作りたい!めっちゃ面白そう!すごい!あのコントローラー家にあるやつや!」


興奮状態でした。


「どうやったら、高専に行けるの?」

かなり興味を持ったみたいです。


高専についてあまり知りません。

5年間くらいの一貫教育だったかなあ。

従兄弟が通ってて、叔母さんが自慢してたなあ。

という認識しかありません。


うちの小2ですが、ゲームが上手い!クリアが早いのです。 

所詮ゲームなのですが、近所の子供達が攻略したさにうちの子に群がります。


また、おもちゃや遊具の修理となれば、近所の子供達がうちに持って来ます。

小2が工具を引っ張り出して来て、直してしまうんですよね。


ちなみに小2は女子です・・・・・

女子力は全く無しです。


遊び方も弓矢を作って飛ばしたり、相撲をとったりもう男子です。


長女とは全くもって、異なります。

もともと作るのが好きで、自分の好きなことには没頭しまくる性格なので専門的な学校も向いているのかなと思います。


しかし、高専になると理数の頭脳がいりますよね。

したいことをする為には、算数理科を得意に!の意識を持たせたいものです。


ちなみに彼女の夢はロボットを作る事、任天堂へ就職してマリオを超えるゲームを開発することらしいです。


小2は先日、日能研の学ぶ力テストを受けました。

灘jrクラスには後数点足らず。

算数が足をひっぱりました。


特に入塾を意識して、受けた訳ではないのですが、理数を伸ばすために塾に通うのも有りなのかなあと思い出しました。


次女については、プログラミング教室やロボット教室に絞ってみるのも面白いなあと考えています。