文武両道?!エコ中学受験

飛び抜けてはいないけど、中途半端に勉強ができる娘。
しかし、三人兄弟余裕なし!
スポーツ選手クラブに通いながら、文武両道尚且つエコでお受験成功したらラッキー!と甘く考えている超適当母のブログです。

公立小 テスト常連1位

公立小に通う4年生。

4年生になり、算数が難しくなってきてますね。

小数、図形の面積、概数などのテストの結果が返ってきました。


単位の書き忘れ、問題の読み違えなどのミスが目立ち100点ではないものの、見る限り理解はしていそう。


毎回、100点の生徒名を先生が挙げるそう。

これまでは、塾通い無しの生徒も健闘して、よく名前が呼ばれていたそうです。

しかし、ここ最近はクラスのトップ3が定着している様子。


クラスが認めるトップ3!

その3名は日能研生2名と、浜学園生1名です。

しかも、みな塾のクラスは最難関クラスらしい!

よくもまあ、出来る子が集まったなあと言う感じ。

ある意味、学校でも互いに刺激しあっているんでしょうね。


公立小学校ですが、教育意識の高いご家庭が割と多い気がします。

一方は学校からの呼び出しにも応じないご家庭があったり、教育格差がかなり激しいと思います。


実際に地元の公立中学に通う方にお話を聞くと、中間層がいないらしい。

学年の学力分布図のグラフを見ても、上位か下位のどちらかに属していて、スパッと分かれているそう。


4年生後半になって、通塾生徒との差が出始めているのを非常に感じます。

勉強量が断然違いますもんね。


このクラスのトップ3ですが、既に志望校も決めていらっしゃる。

私が聞いた訳ではないですが、3人集まって中学の話をよくしているのを娘が聞いているようです。


少しは刺激を受けてもらいたいですが、自分の1番の特技は選手クラブのスポーツだっ!と勉強はやはり二の次です。


何はともあれ、自信がある事を持っているなんて素晴らしい。

私は何一つないです・・・


もうすぐ冬休みですね。

朝練が5時30から始まる生活になるので、起きれるか心配です。

年をとってきて、外気との温度差がきつく感じます。