文武両道?!エコ中学受験

飛び抜けてはいないけど、中途半端に勉強ができる娘。
しかし、三人兄弟余裕なし!
スポーツ選手クラブに通いながら、文武両道尚且つエコでお受験成功したらラッキー!と甘く考えている超適当母のブログです。

5年生から赤本

赤本。

我が家に2冊あります。

1冊は夢見ていた頃に購入した学校のもの。

もう1冊は、頑張れば届きそうな学校のもの。


赤本ですが、塾によっては解禁日があると言われているらしい。

早過ぎる時期に使っても意味が無いのだろうか。

上手く使わないといけないのだろう。


確かに、憧れの学校の問題は今の時点でかなり厳しい。

が、本命校になろうであろう学校の問題は解けそうなのもある!

そこに目を付けて、一緒にやってみた。


「やった!私解けるのあるやん!すごい私」

どうやら、よっぽど嬉しかった様子。


出来たと言っても最初の計算問題なんですけどね。

いつもなら、計算なんて出来て当たり前やろお~と毒を吐いてしまう私ですが、「ほんまや!解けてるやん!まだ5年生やのにすごいんちゃう?!」

と褒めてみた。


そこから、小5はエンジンがかかり「もう寝なさい」と言うのも聞かずに一人過去問を解いていた。


「出来そうな問題を自分で選んで解いておいたから、丸つけしといてね。」

そう言って就寝した。


まだ塾をどうするか答は出ていませんが、自宅で出来る事を少しずつ増やしていきたいです。

親が腹を決めないと!

我が家の中堅塾に通う小5。

本人は中学受験したいが、成績が奮わない。


どうしたものかと親子で思案中。


中学受験終了組のお母さん達とお茶した。

きつい言葉かもしれないけれど、と助言を頂いた。


「親であるあなたが原因だよね。」

ズッキーンン!!


友達「私はね、子供が小学3、4年の時は側についてどれだけ計画立てて指導したか。当時は最難関なんて、夢だったけれど徹底的に図形や比の問題をかき集めて手をかけた。

その結果ぐんぐん伸びたよ。

それだけ、出来ないのならなおさら横について見てあげないと。

底辺からなら、少しやれば偏差値50辺りまでなら一気に伸びるよ。

今まで少なからずしてきてるんだし。」


私「分かってるんだけど、私しんどくて。

私が子供の問題全部解いて指導するなんて考えたら逃げたくなる。」


友達「そんなの、私も同じだったわ。

解答みて、そのまま説明したらいいのよ。」


私「解答そのまま伝えて理解してくれる子なら良いんですよ!

それが無理なのよ。めっちゃかみ砕いて説明しないといけないから、大変で。」


友達「あなただけが大変じゃないよ。私も正社員で働きながら年子二人の勉強を見てきた。頭の中は常に子供の事で、胃が痛くなったりね。

どこの家庭もみんな頑張ってる。

あなたもそろそろ、腹を決めなさいよ!」


このお母さんの年子の兄弟、二人とも最難関中学に進学。

そのお母さんからしたら、私の生ぬるさ、適当加減が腹立たしい様子。

率直にアドバイスを頂いて、私が逃げている事を再認識しました。


子供は少なからず勉学にやる気を出しているのに。


時間が無い!は言い訳だそうなので、私もぼちぼちエンジンをかけていきたいです。

浜学園公開テスト 無料 3年生まで!

小学生1年生から3年生の方。

12月10日の浜学園公開テストが無料です。

3年生までが無料!

まだ先がある学年なんでしょうか。

うちの、5年生も無料にして下さい!


12月は浜へ通塾していない方対象の説明会が連日あります。

浜学園の雰囲気を感じるには良いと思います。


浜は、授業風景を隠すことなく見学させてくれます。

それってすごいなと思います。


かつて授業を見てみたいと言っても、断られた塾が数件ありました。


隠されると何か不都合あるの?と逆に勘繰ってしまいます。

その点、浜はいつでもどうぞ!的な姿勢が好印象です。

自信満々なんでしょうね。


沢山あった中学受験塾が分裂しては倒産したりして消えていっている中、現在でも昔と変わらず地位を得ているのは何かしら理由があるからなのでしょうか。


私が感じるのは、保護者へのサポートが絶妙なタイミングで上手い事。

ツンデレとも言うのかな。

かつて、思わぬ時に電話があったりしました。


WEB授業を辞める手続きをしていた時。

まさか、電話がかかってくるとは思っていませんでした。


「お力になれなくて、申し訳ない」と丁寧過ぎるご挨拶と共に、我が子にとって最善の通塾方法を提案してくれたりと、とても親身になってくれました。

嫌み一つも無く、新しい環境で頑張って下さいと応援もしてくれました。

とても気持ち良く辞めることが出来た訳です。


そんな経緯があって、6年生になろうとしてる無謀な時期であっても浜に足が向かうのだと思います。

浜の戦略に見事にひっかかってるのでしょうね。


なにも辞める時だけでなく、こちらから働きかければ的確なアドバイスを頂けました。


子供の受験ですが、保護者への対応がしっかりしていないと不安を感じます。

保護者まで面倒見れるか!という塾もありますが、現在繁盛している中学受験塾は保護者への対応がどこもしっかりしているように思います。


そこをおざなりにしている塾は、私は通わせたくないです。