文武両道?!エコ中学受験

飛び抜けてはいないけど、中途半端に勉強ができる娘。
しかし、三人兄弟余裕なし!
スポーツ選手クラブに通いながら、文武両道尚且つエコでお受験成功したらラッキー!と甘く考えている超適当母のブログです。

今時の公立中3年

娘のスポーツ教室で、様々な学年の子供達と話す機会があります。


そこで公立中学3年生の男子と初めてお話しました。

というのも、うちの娘を可愛がってくれてお兄ちゃん的な存在。


いつも、有難うねとお礼を言うと「はい!」と立ち上がり礼儀正しい。

今時の中学3年生なんて、礼儀もない、話し方も知らない子供達ばかりだろうと思っていたのでびっくりしました。


彼と少しお話していると、キラキラと輝いていて、希望あふれる眼差しで圧倒されてしまいました。


というのも、高校の進路を聞いていて、これこそ自主自立だなあと思ったのです。


彼に高校受験もうすぐだけどどうするの?と聞いてみた。

すると嫌な顔もせず、いきいきと答えてくれました。


「現在のスポーツを継続するにあたって施設が充実している公立の強豪高校を第一希望にしています!偏差値も高いので塾へも行って頑張っています。

万が一落ちたときの私立は○○校で、理由は~だからです!

それか、ランクを落として大学の推薦を狙える○○校を考えています!」


彼がまぶしすぎて、話を聞くのに必死でした。

中学3年生ってこんなにしっかりしてるもの?!


彼曰く、進路は自分で決めている。両親は僕のやりたいことを最優先に考えてくれている。との事。


スポーツの道は険しくて、スポーツよりも学歴優先と考えている私は、彼と話してある意味で良いショックを受けました。


再度中学受験には向けて動き出してはいますが、娘にとって最善なのかと無限ループにまたはまり。


親の敷いたレールに乗せるのが良いのか・・・・

彼のように自立できる子供になるにはどうしたら良いのか・・・


模索は続きます・・・