文武両道?!エコ中学受験

飛び抜けてはいないけど、中途半端に勉強ができる娘。
しかし、三人兄弟余裕なし!
スポーツ選手クラブに通いながら、文武両道尚且つエコでお受験成功したらラッキー!と甘く考えている超適当母のブログです。

公文式の効果

二人の子供に公文を習わせました。

二人共、幼稚園の時のみ。


継続はしていないので公文の事を語るには頼りないですが、言えることは有ります。


座って勉強する習慣はついた!集中力がついた!

遊びから勉強への切替が早い!

などです。


家で一人で勉強する。

これって中々できないようですね。


ママ友達から、こんな相談を受けます。

「学校の宿題をしない。短時間でも座って集中することが出来ない。座って勉強と言うだけで理由をつけて逃げる。どうしたらいい?」


私は返答に困りました。

うちの小学生二人は、学校の宿題や学校の支度は一年生の時から一人でさっさとやってしまいます。


夏休みの宿題も一気に片付けていきます。

今年の夏は塾の宿題でやいやいは言いましたけれど、学校の宿題はおまけ程度に考えて子供にまかせていました。


なので、学校の宿題を拒むと言う状況にあまりあわないのです。

浜学園の高度な勉強になるとしぶりますが、スイッチが入ると何時間でも座って勉強はしています。(座っていた時間で勉強した気になって内容は薄いのが悩みです)


で、なぜ一人で宿題や提示した教材を取り組めるのか考えました。

結果、幼い頃からの習慣だろうという結論に至りました。


幼児の公文と言っても侮れません。

夏休みには1000枚チャレンジもありました。

文字通り1000枚夏休み中に取り組む。

教室によって1000枚チャレンジが有るところと無いところがあるようです。

貧乏性な私はやるからには徹底して教材を貰おうと思い、取り組みました。


これが親も子も大変です。

しかし、達成した暁にはお祝いパーティで表彰されて自信がついたようです。

今になって、公文の宿題は嫌だったけど、公文のおかげだと思うことが多々あると娘が言うことも。


何も夏休みに1000枚しようとは言いません。

幼稚園の頃から公文でなくても座って学習する習慣を毎日つけることが大切だと思います。


5分でもいいから毎日続ける。


継続は力なりだと思います。