文武両道?!エコ中学受験

飛び抜けてはいないけど、中途半端に勉強ができる娘。
しかし、三人兄弟余裕なし!
スポーツ選手クラブに通いながら、文武両道尚且つエコでお受験成功したらラッキー!と甘く考えている超適当母のブログです。

低学年は国語力!

国語が出来る子供は算数も出来る!


この言葉よく聞きませんか?

果たしてそうなのでしょうか?

うちの長女、国語力は割とある方だと思います。

けど、算数はというと応用文章問題が不得手。


なので、国語力=算数力に疑問を持っていました。


しかし、色んな塾の先生達とお話していく内になるほどなと思えるお話を沢山聞けました。


まず、低学年までは「読み 書き そろばん」が最重要と言うこと。

読み書きは国語力ですよね。そろばんは計算力。

これが定着していると訓練を重ねる事で算数力が伸びるらしいです。

逆に国語力のない子供の算数の力を伸ばすにはかなりの努力がいるそうです。


希学園の前田卓郎学園長の本にも同上の事が書いてありました。


以上のような理由からか、国語も算数のテストレベルだと入塾は断るが、国語力が高い&計算力はあるので許可しますと言ってくれた塾もありました。


国語力が高いと言ってもしれてますが・・

本は好きなので幼稚園の頃から絵本を沢山読んでいました。

現在はずっこけシリーズがお気に入りです。

ずっこけシリーズ、私は読んだ事がなかったのですが国語の物語文での出題を見たことがあります。

中々難しくない?と文を読んでいくと、最後にずっこけ3人組引用とあり驚きました。

娘は登場人物の名前、住吉銀行が出てきた所で、すぐにずっこけシリーズだとわかったようです。

正直、こういう物語本よりも偉人本や歴史本を読んで欲しいと思っていたのですが、中々良い文章で私も読みたくなりました。


2週に一度は本屋に行き、好きな本を買うようにしています。

マンガ以外だと基本的に何でもオッケーにして読みたいものを選ばせるようにしています。

子供3人分の本を買うのは大変です。

最近は近隣のブックオフに行き一人一冊!300円以内と決めて吟味させています。図書館よりも購入派です。


ちなみに娘の勉強系お稽古ですが、年長で算数のみ公文1年弱、1年生からそろばんに変更して現在も続けています。


公文は幼稚園の時間がある時に机に向かう習慣、集中力がついて良かったなと思います。

なぜそろばんに変えたかと言うと、単純に宿題をしなさいと言うのがしんどくなったから、小学生になると学校の宿題が増えるからでした。


そろばんも辞めようかと悩みましたが、某塾の算数の先生から3級がもう少しなら頑張って取得した方が良いとのアドバイスを頂き継続しております。