文武両道?!エコ中学受験

飛び抜けてはいないけど、中途半端に勉強ができる娘。
しかし、三人兄弟余裕なし!
スポーツ選手クラブに通いながら、文武両道尚且つエコでお受験成功したらラッキー!と甘く考えている超適当母のブログです。

何が何でも私立中学?!

日能研で説明会?なるものがあったようですね。

公立中学の現状や、絶対評価、高校入試についてなど。


私が参加した訳では無いのですが、参加してきたママ友達が語ってくれました。  


公立中学では絶対評価となっており、中学1年からの成績が高校受験に影響する。

北野、天王寺高校へ受験したいと思っても内心点が満点に近くないと受ける資格さえもらえない。

まず、ここが大変。テストはオール100点レベルを維持して尚且つ副教科も頑張らないと内心点がもらえない。


学問と副教科の両方出来る自信ありますか?と。


こんなに大変なことになるので、中学受験をしておいた方が良いらしい。


中学受験では中堅校であっても、高校受験時に偏差値がかなり上がってくるので厳しくなる。


中学受験で希望校に落ちたら高校受験で頑張ると言う親がいるが、それは大変な事でありお勧めしないと言う内容のようだ。


聞いていて私は「ふぅ~ん」という感じです。

皆様はどうお考えになりますか?


友達は、先生のおっしゃる通り!と熱く語ってくれましたが、私は腑に落ちませんでした。

だって、頑張るのは子供であって親では無い。

子供の可能性なんて今の時点で分からない。

中学生になって例え勉強しなくなったとしても、それも子供の人生。

いつはい上がるかも子供自身。

私はついつい客観的に考えてしまいます。


それと、周りには公立中学から公立高校→国立大学現役組か1浪組が割と多くいます。正直、柄の悪い中学からです。


最終的にはどこの学校に入学しても、個人のやる気次第だから親が熱くなっても意味が無いと感じてしまうのです。


現に親が熱くなりすぎて、4年生の時点でおかしくなっているお子さんも周りにいます。


また、大学入試改革が進む中、これまでの詰め込み式の勉強方法でもいつか頭打ちする時が来ると思うのです。


学力が必要なのは変わり無いとは思いますが、プラスアルファ必要になってくるものがある。


私立中学を全否定しているのでは無いのです。

話を聞いていて私立中学に入学さえしてしまえば安泰のようなお話に疑問を抱いてしまうのです。